決意と理念

決意─再誕

再び生まれ変わること。
内面的、内容的に自分を産み直し、自分の人生には、全責任を負って、
「見せかけではない真実の人生を、どこまでも探し求めていくべきだ」という教え。
三千院門跡門主の堀沢祖門導師が私に下さったお言葉です。

私が初めて政治の世界へと足を踏み入れたとき、あるべき社会の姿として、
「誰もが挑戦できる社会を目指す」と語り、そのために「自立する勇気」と「見守る愛」を持とう、と訴えました。

それから、20年。私は今、再誕の時に立っています。

自らを見つめ、産み直し、再び国民のくらしに寄り添い、日々の家族の暮らしを守るために全力で邁進する決意を新たにしています。

単に議員に戻ることをよしとしているのではありません。

14年間の衆議院議員としての活動の間、私は予算委員会の先頭に立って「政・官・業」の癒着の構造を追及し、
政権交代後は閣僚や首相補佐官として、国づくりや原発事故という未曾有の災害の対応に当たってきました。
しかし、野に下り、共に歩んできた民主党もなくなって、改めて政治を見ると、
バラバラな野党によって一強支配を許す国会の不甲斐なさを目の当たりにしました。

その様子を見るにつけ、「大きな塊にまとめ上げるのは自らでしかない」との思いが日増しに強くなり、
再び国政への挑戦を決意しました。再び政権を担える一翼となる政党を形作る、その使命があるのなら、
その大義のためならば、私は再度立とうと思いました。野党勢力を結集させるだけではなく、政界を再編し、
その中心に立つ、その思いを胸に取り組んで参ります。

理念

そして、あらためて、20年の歳月をかけ思索し続けてきた、この国の永い歴史によって紡がれてきた国家像とは何か、
古来より続くこの国の根本規範となる理念とは何か、という命題を、私なりの解釈をもって国民の皆さんに発信していくことが、
奈良出身の政治家としての私の重要な使命であると、覚悟を持ちました。

この国は古来より、中国(随・唐)を範とする中央集権的な律令制度の構築を機に、天皇を中心とする朝廷を中心に、
古代国家の整備がなされてきました。その一方で、地方の豪族が朝廷の中での権限を持ち、中央集権政体と地方分権政体が共存するという、
世界にも希な、国家体制が今日まで継続してきました。

これによって、日本人の政治思想には、みずからが生んだものに対して支配権が生じ、それは代々受け継がれていくものだということと、
さらに、みずから直接支配するのでなく、誰かに支配を委任して治めさせるという形をとるという、
特色が日本の全時代を通してみられるようになりました。

さらに、中央集権政体と地方分権政体はお互いに共存し、決して一方を殲滅させることを由とせず、
それ故に相互に慮り、多様性と多元性を認め合ってきました。 だから、国家の政体の転換も、
国盗りではなく国譲りという形態で今日まで永続してきたのです。
より良き国の姿を求めて、時には政権を譲りながらも、気高き精神国家としての枢軸を見失うことなく今日まで来たのです。

国譲りの国、すなわち、日本は政権を交代させながら、国家の安寧を維持してきた国だと、私は思っています。

現在は、私は、無所属です。
更に、浪人の仲間を募り、集った45名の仲間と共に政治団体「一丸の会」の旗を掲げて、現在も活動しています。
そして、私は新たな政治勢力結集という大義の下、この国の政治も生まれ変わらなければなりません。

今の政権から国譲りを促し、本来求められている、地方を中心とした活力あふれる国づくりを目指します。
そして、一人ひとりのささやかな幸せや、誰かとわかちあう喜びを大切にする日本を作るために全力を尽くして参ります。

公式SNS