画面が切れてしまう場合は、キーボードのCtrl+マウスを使って、画面表示サイズを変更してください。

奈良県第1区(奈良市(旧都祁村地域を除く)・生駒市)

無所属 元国土交通大臣・前衆議院議員

まぶち すみお

奈良県第1区(奈良市(旧都祁村地域を除く)・生駒市)

無所属

まぶち すみお

「不易塾」日記

まぶちの政治活動やメディア出演情報などを
リアルタイムに発信しています。

メルマガの登録
配信を申し込むE-MAIL(半角英数字)

プロフィール

馬淵澄夫
無所属
馬 淵 澄 夫 (まぶちすみお)
生年月日
昭和35年8月23日
出身地
奈良市(鶴舞団地)
選挙区
奈良県第1区
家族構成
妻、1男5女、孫3人
経歴
横浜国立大学工学部卒業後、サラリーマン、上場企業役員を経て政界へ
平成15年
11月
衆議院議員初当選
平成17年
9月
衆議院議員2期目の当選
平成21年
8月
衆議院議員3期目の当選
平成21年
9月
国土交通副大臣就任
平成22年
9月
国土交通大臣・内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)就任
平成23年
3月
内閣総理大臣補佐官(東北地方太平洋沖地震及び原子力発電所事故対応担当)就任
平成24年
7月
衆議院災害対策特別委員会委員長就任
平成24年
12月
衆議院議員4期目の当選
平成24年
12月
民主党幹事長代理、民主党企業団体対策委員長代理就任
平成25年
9月
民主党選挙対策委員長就任
平成26年
12月
衆議院議員5期目の当選
平成27年
5月
民主党特命副幹事長就任
平成28年
9月
民進党選挙対策委員長就任
平成29年
9月
民進党特命副幹事長就任
平成29年
10月
第48回衆議院議員総選挙にて惜敗
平成30年
3月
政治団体「一丸の会」立ち上げ、代表に就任

決意と理念

決意─再誕

再び生まれ変わること。
内面的、内容的に自分を産み直し、自分の人生には、全責任を負って、
「見せかけではない真実の人生を、どこまでも探し求めていくべきだ」という教え。
三千院門跡門主の堀沢祖門導師が私に下さったお言葉です。

私が初めて政治の世界へと足を踏み入れたとき、あるべき社会の姿として、
「誰もが挑戦できる社会を目指す」と語り、そのために「自立する勇気」と
「見守る愛」を持とう、と訴えました。

それから、20年。私は今、再誕の時に立っています。

自らを見つめ、産み直し、再び国民のくらしに寄り添い、
日々の家族の暮らしを守るために全力で邁進する決意を新たにしています。

単に議員に戻ることをよしとしているのではありません。

14年間の衆議院議員としての活動の間、私は予算委員会の先頭に立って「政・官・業」の癒着の構造を追及し、
政権交代後は閣僚や首相補佐官として、国づくりや原発事故という未曾有の災害の対応に当たってきました。
しかし、野に下り、共に歩んできた民主党もなくなって、改めて政治を見ると、
バラバラな野党によって一強支配を許す国会の不甲斐なさを目の当たりにしました。

その様子を見るにつけ、「大きな塊にまとめ上げるのは自らでしかない」
との思いが日増しに強くなり、再び国政への挑戦を決意しました。
再び政権を担える一翼となる政党を形作る、その使命があるのなら、その大義のためならば、
私は再度立とうと思いました。
野党勢力を結集させるだけではなく、政界を再編し、その中心に立つ、その思いを胸に取り組んで参ります。

政策-1にフトコロ、2に安全、3に安心

景気回復

景気回復

景気回復の足下を揺るがす、消費税の引き上げは断固反対です。そもそも消費税は決して公平ではなく、低所得者にとっては負担の重く逆進性が強い税です。むしろ所得税の社会保険料の控除の見直し、金融資産課税の強化、相続税の強化などを行えば消費増税に頼らない財源の確保は可能です(参照:馬淵澄夫「消費税引き下げの検討」2017年10月8日)。税制全体を見直すことにより、消費税引き下げすら可能であることを訴え、景気回復とその安定性の確保を目指します。

地域活性

地域活性

日本は古来より、中央集権的な国づくりと同時に、地域の力を伸ばし発展させる地方活性力の創造も行われてきた、世界にも希な国でもあります。地域のデザインを地域の人々のチカラによって実現するためには、財源と権限を国から地域へ委譲しなければなりません。そのために現在のような小規模で複雑な地方創生交付金ではない、私たちが政権時代に築いた一括交付金の復活が必要です。更に、地方消費税の自治体への財源付替も加えた、未来志向の一括交付金を作ります。

現実的安全保障の構築

現実的安全保障の構築

海上保安庁と海上自衛隊の連携による領域警備を可能にする領域警備法等を整備し、個別的自衛権による現実的対処を図ります。そして、その上位法として、我が国の防衛の基本的考えを示す安全保障基本法の制定を目指します。憲法に対して疑義ある安保法制は廃止すべきであり、また自衛隊が米軍指揮下で世界中に派兵されかねない憲法改正は、現時点で不要です。憲法は広く国民の理解の下で、改正含めて議論をすべきであり、国民的議論の熟度を高めることがまず必要だと考えます(参照:【安全保障に関する見解~冷静な分析的検討に基づく「現実的」安保政策構築に向けて~】)。

新エネルギーへの転換

新エネルギーへの転換

原発事故の現場にいち早く入り対応にあたるという、世界でも唯一の経験をした国会議員として、原発に依存せず、安全でクリーンな再生可能エネルギーの導入を促進し、省エネを中心とした温室効果ガスの削減に取り組み、国内需給をバランスさせるエネルギー安全保障の確保を構築して参ります。
※写真:2011年6月11日、国会議員として初めて福島第一原発に入り、事故対応に当たる

すべての世代が安心できるように

すべての世代が安心できるように

年金は、一元化の理念を尊重し、また最低保障機能の強化を図って参ります。まずは、年金生活者支援給付金の拡充などを通じ低所得者への給付水準をさらに引き上げます。また、非正規雇用者への厚生年金の適用拡大を図ります。歳入庁を創設して、すべての保険者が公平公正に年金を納め、受給できる仕組みを作り、財政の持続的安定性の確保と格差是正を図ります。 また、正社員と非正規社員の間の賃金格差は若年層の消費の減退や、出生率の低下へとつながり、我が国の経済成長にブレーキをかけています。我が国の労働者の約4割が非正規雇用であり、その非正規労働者の約7割は、年収200万円以下といわれる中で、同一労働同一賃金の実現は急務です。

子育て世代への支援

子育て世代への支援

少子化問題への対策として、若年層・子育て世代の「現実の家計」から考えた支援を行います。家計に占める負担が大きい住居費に対しては、賃貸住宅居住者への減税措置や、住宅費用扶助などの住宅政策と子育て支援の連動を図ります。また、過剰な労働時間は子育ての障害となるため、残業規制の見直し、男性の出産休暇取得の奨励、子どもが一定の年齢に成長するまで、男女とも今より少ない労働時間で働ける制度の創設など、子育てのための就業時間短縮を目指します。

まぶち会・事務所

まぶちすみおを支援してくださる熱心な支援の輪の中から自発的に生まれた後援会組織、それが「まぶち会」です。
よくある政治家の後援会のような後援会長を頂点とするピラミッド型の組織ではない新しい形の後援会を目指しています。
まぶちすみおは、企業からの献金は一切受けないと決め、しがらみのない政治を目指しています。
まぶちすみおの政治活動は、個人からの献金と多くのみなさまの助けによって支えられています。

「まぶち会」概要

会の名称
「まぶち会」
期 限
1年間
内 容
会報の発送、各種催し物のご案内等

※詳しくは、まぶちすみお後援会(まぶち会) TEL: 0742 (40) 5531までお問い合わせ下さい。

まぶちすみお後援会事務所

所在地
〒631-0036
奈良県奈良市学園北1-11-10森田ビル6F
TEL
0742-40-5531
FAX
0742-40-5532
公式SNS